温度をデザインする サプライズがある器

美濃焼の産地で生まれた大ヒット食器

1300年以上の歴史を誇る美濃焼の産地、岐阜県多治見市。この地から生まれた大ヒット商品が「冷感桜シリーズ」です。冷たい飲み物を注ぐとグラスにフワッと桜の花が色づき、誰もがときめくサプライズな仕掛け。温度の違いで色が変化する斬新な発想が反響を呼び、SNSを中心に海外でも話題になっています。

誕生のきっかけはコロナ禍

手掛けたのは明治20年創業の「丸モ高木陶器」。ホテルやレストランで使われる業務用の食器を主に生産してきましたが、新型コロナの影響で飲食店の閉店が相次ぎ、受注が激減。一時は売り上げが5割ほど減ってしまったそうです。そこで一般家庭向けの商品開発に取り掛かり、5代目社長の高木正治さんが考えたのが「器に"温度が視える"機能が加わったら面白いのでは」というアイデア。このひらめきから生まれた「冷感桜」の盃が、家呑み需要と相まって「自宅で花見気分が味わえる」と大ヒットしました。

夕日を眺めるグラス ハワイ
夕日を眺めるグラス ハワイ

日本の美しい四季を表現

桜から始まった「冷感シリーズ」、現在はバリエーションがさらに充実し、日本の美しい四季を表現。春の桜、夏の花火、秋の紅葉、冬の雪景色…それぞれの季節を象徴する柄が描かれています。器の種類も盃に留まらず、冷酒グラスや薄口のタンブラーなどさまざまな用途に合わせたアイテムが揃っています。

心もカラダも温まる 温感シリーズ

「冷感シリーズ」に続いて登場したのが「温感シリーズ」。こちらは温度が45℃以上になると色が透明になる顔料を使用していて、温かい飲み物を注ぐと黒猫のシルエットが可愛い花柄に。ほっこり癒される仕掛けに心もカラダも温まります。

夕日を眺めるグラス ハワイ
夕日を眺めるグラス ハワイ

ビールが夕日の景色を生み出すグラス

画期的な器を次々に生み出している「丸モ高木陶器」のアイデアは“温度”だけにとどまりません。「夕日を眺めるグラス」はビールを注ぐことでグラスに描かれたシルエットが夕日に浮かび上がるように考えられた斬新なグラス。いつもの晩酌を特別な時間に…ビールを飲みながらちょっとした旅気分も味わえます。

岐阜

夕日を眺めるグラス ハワイ

ビールを注ぐと、黄金色の夕日に美しい影絵のような景色が浮かび上がるグラス。手掛けたのは美濃焼の産地、岐阜県多治見市で画期的な器を次々に生み出している『丸モ高木陶器』です。グラスに絵柄を装飾し、飲み物を背景に絵柄を際立たせるようデザインされた斬新なグラス。ハワイを象徴する大きな木を眺めながら癒やしのひと時を過ごせます。

サイズ:φ63mm x H 125mm
容量:480cc
注文から5日以内に発送します
原材料名・成分などの詳しい商品情報はこちら
同一ブランド、同一宛先にお届けの場合、 万円以上お買い上げで送料無料
5,500 (税込)
この商品をシェアする
×
SHARE
この商品をシェアする
共有リンク
コピー
商品を選択してください
夕日を眺めるグラス
夕日を眺めるグラス

商品情報

材質

硝子

その他

・ご使用になる前に、洗浄してください。
・食器洗浄機のご使用はお控えください。
・台所用中性洗剤とスポンジ等の柔らかい素材で洗浄してください。
・金属タワシや研磨剤等の硬い素材を用いて洗浄しないでください。
・強く擦ると転写が剥がれてしまうことがあります。
・電子レンジやオーブン等でのご使用はおやめください。
・水またはぬるま湯の中に長時間浸けないでください。
・手作業の為、転写の位置や形状が異なることがあります。

ユーザーレビュー

この商品に寄せられたレビューはまだありません。